2008年07月25日

バニー

大帝です。
変形とはちょっと違うんですが、部品と可動部を減らす方向で思うことがあったので載せておきます。

bunny.jpg






これはギミック等でなく、ポーズや視点によって主体が変わって見えるフィギュアが作れないかという話です。
要は立体的なだまし絵ですね。
可動部も人形の腰とウサギの首くらいが動けば固定ポーズの表情次第でいい感じのものができる気がします。
ただ、造形的にウチ向きじゃないとは思うので、立体に起こす機会があるかどうか。
ラベル:ウサギ
posted by ジザイトイズ at 17:28| Comment(2) | 雑文 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 何だか、すごく和みます(*´Д`*)

 いっそ、ウサギも女性も完全に(フィギュアとして)非可動にしてしまい、ウサギの頭がカパっと開いたところに、女性の身体が逆様にすっぽりおさまって、女性の足がウサギの耳になるだけの単純明快な合体にしても、面白いかも知れませんね。

 その場合、耳のないウサギが単なるキモ生物になってしまいますが、ウサギにはウサギで、変形時には内側に折りたためる程度の小さい耳をつけておくとか、どうでしょう。
Posted by ちくわ at 2008年08月02日 21:08
>ちくわさん
ウサギの頭をケースにするなら人形の上半身とウサギの胴体を入れ違いで収納すれば、おおざっぱに4パーツで変形ものにできます。
そのためにはウサギの頭の直径が今の倍は必要になりますが。
Posted by 大帝 at 2008年08月06日 05:27
コメントを書く
コチラをクリックしてください