2011年01月19日

Honu Chelone(ケローネ)暫定版

卯年にちなんでウサギのライバル、亀を作りました。ウミガメですが。

■Honu Chelone(ケローネ)
chelone1.jpg


chelone2.jpg
chelone4.jpg
2011年制作。ウミガメ。
アオウミガメを目指して作ってましたが、どうもバランスが違うのでオサガメにするかどうか検討中。細長すぎてタガメっぽくも見える。ヒレをたたんだくらいの横幅だといい感じ。

chelone3.jpg
構造的には胴体を裏返すことで股関節を引き込んでいます。
亀モチーフだと特徴的な甲羅をそのまま甲冑風に見たてるのが定石(というほどパターンがあるのか?)な気がするので、なるべくそんな感じで配置。おかげでそこそこ強そうになりました。
人型時に胴体内部に収める必要のある亀の頭は首を伸縮させて対応。亀ですし。

posted at 06:33 | Comment(8) | TrackBack(0) | 開発室
この記事へのコメント
 久々の新作ですね。明けましておめでとうございます。
 変形途中の写真が一瞬下ネタに見えましたが気のせいですよね。うん。
 亀モードのスマートさは確かにちょっと気になりますが、ヒーローっぽくてカッコイイと思います。アメコミに出てきそう。
Posted by 通りすがりの物 at 2011年01月19日 13:01
>通りすがりの物さん
本年もよろしくお願いします。
変形途中に起こっていることは偶然ですが、亀頭部を生っぽく仕上げるとよりひどいことになる予感はあります。
甲羅の形状はスネにヒレ部品を収納するか、腕を甲羅の周囲に巻きつけるようにするなど何パターンか考えられましたが、考え方のとっかかりが膝下をヒレに見立てるところからだったのでそれを尊重してみました。
Posted by JIZAITOYS at 2011年01月19日 16:20
名前と顔が見えた瞬間カエルかと思いましたケロ(^^;ゞ
動物形態はまさにオサガメのバランスですね。
オサガメだと亀甲模様がないのでデザインのインパクトが弱くなりそうですけど
アロハデザインの亀はたいていオサガメなのでオシャレなイメージで良いかもしれないです☆('▽'*)
Posted by 蜆屋このは at 2011年01月24日 12:39
>蜆屋このはさん
ステキな豆知識ありがとうございます。
キールも悪くないんですがオサガメだと甲羅じゃなく皮張りになってしまうので、亀といえばお約束の重装甲の印象が薄くなるのが迷いどころです。
Posted by JIZAITOYS at 2011年01月24日 15:53
2枚目の左上は、亀の頭と、亀頭をかけているのでしょうか?
Posted by コムラ at 2011年02月09日 02:22
>コムラさん
公式な見解といたしましてはあくまで変形過程の偶然です。
ただし変形玩具の基本は「見立て」なので、亀の頭がそのように見え、かつ字面が似ていることについて否定するものではありません。
それ自体もまた形状・ギミックの類似から見立てられた名前ですし。

一般的な玩具ではいかがわしく見える変形パターンは思いついてもなるべく避けているのではと思える節がありますが、たまにうっかり世に出ますね。
以下のリンクの玩具も発射機能まで備えたけっこう素敵な見た目になります。

http://jizaitoys.seesaa.net/article/28502814.html
Posted by JIZAITOYS at 2011年02月09日 23:48
いつも楽しく見させて頂いております。
こんな事でコメントを残して宜しいのであろうかと迷いながらも大変恐縮ですが、こちら使用されているボディ形成の材料はいかなる素材なのでしょか?恥ずかしながらも、知識が全くない素人なのですが、JIZAITOYSを見るたび創作の血が沸き立ちます故、自分でも何かを作って見たいと勝手ながら存じております。
Posted by 小ろんぽお at 2011年07月22日 11:51
>小ろんぽおさん
いつもご覧いただきありがとうございます。
うちはどちらかというとアイデアを披露するサイトで、工作技術については語るほどのものは持ち合わせてないのですが、思いつく範囲でお答えします。

材料はほぼタミヤのプラ板とプラ棒で、流し込みタイプのMr.セメントで貼り合わせています。
パテは苦手なのと素材が均一の方が扱いやすいため、ほとんど使ってません。
記事の写真が真っ白なのもプラ板のスチロール樹脂の色です。
関節にはコトブキヤのポリユニットローリングジョイント、1mm径の真鍮線、1.7mm径のネジなどを場所によって使い分けてます。最近は回転軸にアルミリベットも使っています。
たいていの模型誌のHOWTO本を見れば出ている基本工作と材料なので一度そちらをご覧になることをお勧めします。
実際の工作にあたってあらためて疑問がありましたらなんなりとご質問ください。
Posted by JIZAITOYS at 2011年07月22日 14:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181413461
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック