2011年10月29日

Gorilla Gorilla(ゴリラ)暫定版2 毛深い女

パテをほとんど使わないプラ材主体のうちの工作にはうってつけと思い、しばらく前に十和田技研のヒートペンを買ったのですが、どうにも上手く使いこなせずにいました。
しかし今回前記事札幌ビエンナーレ・プレ展にそのまま出すのはさすがにどうかと思っていたゴリラに毛彫りを施すために使ってみました。

gorilla2011_10_29_2.jpg
その結果がこれ。
gorilla2011_10_29.jpg
一部虎刈りっぼくなりましたが、前腕や髪のモサモサ感が思ったよりいい感じで表現できました。
しかし同時に人型での原人っぽさが大幅アップ。もともと変形前後でお互いの顔と手を隠しているだけで大半のパーツを共有しているため致し方ないのですが、くびれの無いウエストと腹の毛のせいかよけいに乳丸出しに見えてきます。
しかし全体的に密度は上がったので、よしということで。
もう少しこのツールを練習しなくては。

タグ:
posted at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/232603783
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック