パテをほとんど使わないプラ材主体のうちの工作にはうってつけと思い、しばらく前に十和田技研のヒートペンを買ったのですが、どうにも上手く使いこなせずにいました。
しかし今回前記事札幌ビエンナーレ・プレ展にそのまま出すのはさすがにどうかと思っていたゴリラに毛彫りを施すために使ってみました。


その結果がこれ。