2012年07月09日

多段リバーシブル

また間があいての更新となりましたが、布製の変形玩具について思いついたことを少し。

reversible.gif
多段リバーシブル構造とでも言えばいいんでしょうか。画像はそれを簡略化したものです。

布製の変形でぱっと思いつくのはドラえもんが裏返ってどら焼きになるクッションのようなリパーシブルですが、通常のリバーシブルの場合、開口部は一つ(袋状)でそこから表裏を入れ替えるため、当然裏と表しかありません。
そこで考えたのが開口部を前後に二つ設けた筒状にするというものです。

reversible1.jpg
この二つの開口部AB同士を縫い合わせることで、全体としてはループするドーナツ状の構造となります。
写真で言えば、緑A→赤B・赤A→白B・白A→緑B…の三段ループになっていて緑の表地の中に白と赤が裏返しになって収まっています。こうすることで間の数を増やせば理論上何段変身でも可能になるわけです。
もちろん裏返った他のガワが詰め物になるため無限とはいきませんが、布地の選択次第で5〜6段変身くらいはなんとかなると思います。
あいにくと裁縫のノウハウがないので座布団みたいなサンプルですが、発想としては人型でも問題ない筈で、多段変身するヒロインなんかに応用できるんじゃないかと。
腹の中がタンスになっているヒロインというのもたまにはいいんじゃないですかね。


posted by ジザイトイズ at 12:51| Comment(3) | 開発室 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
手品みたい!
Posted by  abs at 2012年07月09日 21:19
 裏表変身のぬいぐるみは見たことがありましたけど、多段変身とは。
 シルエットだけでも良いので別の形に変わる試作品を見てみたいものです。その場合は開口部を何に見立てるかがポイントになりそうですかね。

 関係無いですけど2枚目の写真が口を開いて獲物を捕食しようとするクリーチャーに見えて怖いですw
Posted by 通りすがりの物 at 2012年07月09日 23:12
>absさん
特に何かを調べて思いついたわけでもないので、これに類する手品もあるかもしれません。
もっとも手品の種自体公開してませんから調べようもないんですが。

>通りすがりの物さん
いくつかプランはあるものの、まずは裁縫スキルを上げるのが先決です。ミシンの使い方を覚えなくては。
二枚目の写真は口に見えるように撮ってます。
発生学的に人の唇は横に入った切れ目からプリンとめくれた粘膜だということなのでそのイメージで。
Posted by JIZAITOYS at 2012年07月12日 12:31
コメントを書く
コチラをクリックしてください