2012年08月11日

アームズアップ!

アームズマイクロン的なものを自作しました。

AM2.jpg
アームズアップチャレンジアルティメットにでもと思って作り始めたものの、間に合わなかったのでこちらで公開しておきます。

AM3.jpg
AM1.jpg
斧に変形。変形の唯一の見所はリング状の股関節をスライドする脚です。
ビーストマシーンズのナイトバイパーのあれは一度使ってみたかったので割と満足。
なるべくプレーンなシルエットにするため5mm凹ジョイントとエネルゴンクリスタルだけで、凸ジョイントはつけませんでしたが、無いとビークルモードでくっつかないんですよね。
つけるとしたら尻か左膝横とかでしょうか。
斧のときに見栄えがいいのは股の下なんですが、人型時にあまりにも無様ですし。

posted by ジザイトイズ at 21:38| Comment(6) | 開発室 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 なんとなくシェイプシフターズのアイアンマンを思い出しましたけど、よく見たら全然違いました。あの変形方法はとんでもなかった……。
Posted by 通りすがりの物 at 2012年08月11日 23:41
>通りすがりの物さん

作りながらなんか見たことがある気がする、というのはよくあることで、今回も斧に変形する玩具などこの世に数えるほどしかない筈なのに既視感に見舞われていたのですが、これのせいでした。
http://ugsocket.blog70.fc2.com/blog-entry-141.html
これも比較するとさほど似ておらず、パーツ配置の印象でそう感じたみたいです。

シェイプシフターズはアイアンマンに限らずアクションフィギュアとしての可動を切り捨てることで、他では見られない斬新な人体分割を実現したところが好きでした。設計思想は一部のマイクロンにも通じるものがありますね。
Posted by JIZAITOYS at 2012年08月12日 01:50
おお、これこそ
「ナイトバイパーのソレ(笑)」
でわないですか!!!

ソレって言っても、持ってる人が少なすぎるのが、
もの凄く悔しいんですが。

なんであの変形シークエンス、生き残れなかったんでしょうかねぇ・・・
ホントに面白いし、感動するのに。
Posted by HNK at 2012年09月08日 04:41
>HNKさん
やっていることはスライドギミックの亜種ですから、あの変形パターン自体が死んだのではなく、あれを活かせる形状のモチーフがないんだと思います。
特に今のビークルモチーフだとあの長さと関節構造が有効なのはクレーン車とかパワーショベルのアームくらいじゃないですかね、と考えましたが割といけそうですねこれ。

Posted by JIZAITOYS at 2012年09月08日 10:43
 現在放送中のスーパー戦隊「ゴーバスターズ」に登場するクレーン車ロボの腕周りの構造が少し似ていると言えば似ているような。
 まあ、別の場所に付いていたクレーンアームを一度外してから胴体に差し込む方式なので、どっちかと言えばガオガイガーに近い?
Posted by 通りすがりの物 at 2012年09月08日 21:20
>通りすがりの物さん
一度外してしまうととたんに魅力半減ですね。
突き詰めれば部品同士にヒモつけて完全変形と言い張るのも再現性さえあればアリかとは思います。

ずっと気になっているのがマイクロン伝説のウルトラマグナスのような、構造的にはフリーなパーツが外れずに移動するタイプ。
「穴の中の木の実をつかんで手が抜けなくなった猿」の話がヒントになる気がします。
Posted by JIZAITOYS at 2012年09月15日 13:20
コメントを書く
コチラをクリックしてください