2013年05月10日

クアッドキャスト

さて今回もヘキサゴン関連ですが、本日のお題は容れ物の方。
ブロードキャストについて検討してみました。

画像はクリックすると動きます。また、←→キーでコマ送りできます。

直のダウンロードはこちら

まずコンセプトとして考えたのはヘキサゴンをなるべく多く収納してみようということで、最近はMPもジェネレーションズも3ついってますからその上を狙って4つに挑戦。
記事タイトルにクアッドキャストとあるのはそのためです。
ギャラクシーフォース型ではサウンドウェーブのリデコで本家もいますが、その辺はスルーで。
胸に2、腕にそれぞれ1つ収納でするパターンでとりあえず最初に思いついたデザインをまとめてみたのが上のものです。
ぶっちゃけまとまりのない形でのお披露目なんですが、敗因は明らかに腕の処理ですね。
ちょっとわかりづらいですが、ビークル形態のときには腕と胸のスペースがつながっていて、胸の蓋から4本まとめて取り出せるという構造を盛り込みました。
しかし、このパーツ配置でそれを実現しようとすると、肩から上腕にかけてをうまく収める方法が思いつかず、持て余した感丸出しになってしまいました。
一通り組んで今更思うのは、収納スペースを前腕ではなく肩にしておけば前腕をスペースに余裕のあるビークル後部までエレガントに移動でき、かつゴリラ臭漂う腕の長さも解消できたんじゃないかなあということ。
昨日はこれでいけると確信していたのにままならぬものですね。もっと早く気づけ自分。

むしろ収穫は下半身の変形の方。
この変形パターン、コンボイやアイアンハイドなんかにも応用が利きそうです。

ついでなので検討用に描いた図も追加。
quadcast.gif
この時点では肩と肘パーツの干渉の認識がもやっとしてたので違う畳み方を想定していました。
他にも脚の展開時に内と外、どっちが上を向くかを勘違いしていたせいでビークルの前後の傾斜が間違っていたりします。

posted by ジザイトイズ at 00:42| Comment(5) | ヘキサゴン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 この構造だとヘキサゴン入れたままビークルからロボに変形したら中身がこぼれそうですね…。
 足の変形はタイヤをまとめて隠せる上に変形前後でデザインや色までガラッと変えられそうで実用的な気がします。

 あと、胸の構造でなんとなくターンエーガンダムを思い出しました。なんとなく。
Posted by 通りすがりの物 at 2013年05月10日 10:14
Well done on this one, it looks great!
Posted by Admiral at 2013年05月11日 07:22
>通りすがりの物さん
そうなんですよね。
画面上では平行に移動させることでどうにか、と思ったんですが、今検討している肩にケースをつけるバージョンだとそうもいかないので筒自体に軽いストッパーが必要になるんじゃないかと思います。
下半身の変形パターンは特徴的なパーツを隠すのに有用でした。
通常、特徴は両形態で活かす(残す)方向でデザインすると思いますが、G1期のアニメで何気なく脚のタイヤが消えたりするのに対するパネル変形以外のアプローチとしてはありかなと。
バランスを調整すれば上半身でも似たようなことは出来るので組み合わせれば使い道も広がりそうです。
言われてみると胸のパネルラインもあってターンAぽくもありますね。個人的にはビークルの色のせいで某第六文明人の遺跡がちらついてましたが。

>Admiral
Thanks!
Posted by JIZAITOYS at 2013年05月12日 19:15
スミマセン、私も第六文明人が浮かんd・・おっと誰か来たようだ。
・・・というか、
「ついにジザイさんも、自分のロボ・ルーツを解放し始めたか・・・こりゃ更に今後のプロダクツが凄く嬉しい事に・・・」
と明らかにベクトルの起点のネジが外れた期待をしてしまいました。
いや、是非他のヘキサゴンと共に立体物を手に入れたいんですが・・・
Posted by HMK at 2013年05月27日 05:20
>HMKさん
大っぴらには謳ってませんが当方のスタンスとしてオリジナルの変形パターンをなぞらないというのがありまして、バランス変更程度で済むような変形機構が変えようのないものには食指が動かないんですよね。
その意味でトランスフォーマーほど描かれている変形過程に自由度のあるロボットはそうないので、まだしばらくはここが遊び場になるでしょう。

立体化についてはワンオフはともかく、近頃は複製をとるほどのモチベーションが湧かなくてなかなかに遠い道のりです。
自分にとっては考えるまでが娯楽で実制作は確認作業でしかないので、現状の公開形態でもそこそこ満足できてしまうのがまた。
Posted by JIZAITOYS at 2013年05月27日 09:16
コメントを書く
コチラをクリックしてください