2007年03月16日

カセットロン

開発室より開発状況のおしらせ。

ここ数日いじっていたものがひとまず形になったのでアップしてみます。
まあ作ってたのは今どきカセットロンだったりするんですが。

20070316_1.jpg

20070316_2.jpg

実際に作業してみて思うのは50mm×33mm×8mmのサイズよりも直径4mmの穴の位置が決まっていることの制約です。
穴自体はさまざまに見立てを思いつくんですが、理想的な位置に穴を移動するのがかなり大変。
可動軸にポリキャップを組み込むと汎用性のあるものは径が4mmか5mmなので厚さ8mmに軸を見せないように組み込むとセンターがずれてしまいうまいこといきません。

20070316_3.jpg
20070316_4.jpg

最初タカラにならってスプリングで飛び出すようにしてみた頭部は手頃なロック機構が作れず(肩についてる突起で頭を押さえるつもりでした)結局ポリ棒の摩擦で固定してます。
ガシャコンという感触はよかったんですけどね。

今後はギミック面ではうちの情報兵からの首を回せだの、胴を伸ばせだのといった無茶な要求にどう応えるかが思案のしどころでディテールアップはそれからになりそうです。
ラベル:カセットロン
posted by ジザイトイズ at 02:09| Comment(6) | 開発室 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっ……このシルエット、このお顔は……まさかあのお方がカセットロンに!?
サウンドウェーブの胸からイジェークトされた小さい "あのお方" が武器モードにトリプルチェn……
それはさすがに無理ですよねゴメンナサイ。
いや、でもホントすごいと思います!
Posted by 通りすがり at 2007年03月16日 09:15
再現でなくオリジナルなところがそそります。
気になるといえ言えば腰の処理ですかね。
楽しみにしておりマス
Posted by くどう at 2007年03月16日 09:53
>通りすがりさん
ゴメンナサイ。無理じゃないんです。
ただ計画性がないもので、方法は思いついたんですがそれをやるのに関節の軸位置を移動したり、部品の形状を一部変更したりしなくてはいけなくて現在その作業中です。

>くどうさん
腰の処理がどの方面に気になるのか気になりますが、腰回りでは股関節は軸位置を1.5mmずつ内側に移動する予定です。
胴はなんとか3mm引き出したいんですがスペースから考えると2mmが限界に思えます。
Posted by 大帝 at 2007年03月16日 11:48
>>通りすがりさん
記事にある情報兵の無茶な要求のひとつには「MP"あのお方"やREVOLTECH"あのお方"に負けるな」というのがありますよ!勝手な事を言いまくりです。最終的には顔…ですかね。
Posted by 情報兵 at 2007年03月16日 14:23
すごいですね・・・
材料とかってどうするんですか?
ぜひ僕も作ってみたいです。
Posted by バッシャー at 2007年03月18日 15:57
>>バッシャーさん
写真のものを作るだけならタミヤのプラ棒とプラ板の貼り合わせです。あとは可動用にお好みのポリキャップ少々。
うちではメンテナンス性を考えてポリキャップをネジ止めで挟み込んでますが、それも気にしないんであれば接着しちゃってかまわないでしょう。
要は自分で部品を削って作るプラモデルです。
Posted by 大帝 at 2007年03月19日 19:47
コメントを書く
コチラをクリックしてください