2014年12月23日

サンタが箱でやってくる3

三ヶ月ぶりの更新かつ五年ぶりのタイトルとなりました。
サンタが箱でやってくる」「サンタが箱でやってくる2」に続く三つ目の箱です。

画像はクリックすると動きます。また、←→キーでコマ送りできます。
要Flashプラグイン。

アイデアそのものはトナカイを作った段階で既にあったのですが、実際に作るとなると面倒かつ精度が要求されることが目に見えていたため長いこと放置していたものです。
今回とりあえず30mm角の規格に合わせて図面だけ起こしてみました。
樅の木の葉のギザギザが折り畳んだときにきれいに噛み合わせられるんじゃないかと思ってたのですが、あまりうまい具合になりませんでした。
箱はあと一つあれば収まりのよいセットになるので何か考えておきたいところ。
タグ:年中行事
posted at 22:38 | Comment(3) | TrackBack(0) | 開発室
この記事へのコメント
すげえ! これは素晴らしいアイデア!
スライドしたリボンの行き先に驚きました!
Posted by 緋色 at 2014年12月26日 19:56
こういうセンス好きです。
面積の転用・活用が素晴らしいです。
ヒーロー物の小道具にも応用できそうなギミックですね。
Posted by ドラッヘンリーゼ at 2015年01月01日 01:28
年越してからの返信ですいません。

>緋色さん
イメージではパンタグラフみたいな構造で一息にいけそうな気がしていたのですが、どうも計算が合わなくて楽な方向に逃げました。

>ドラッヘンリーゼさん
四角を開いて三角にする変形は平面だとG1ブリッツウイングやマスターメガトロンなどけっこうありますね。
ただ、立体でやってもきれいな角錐には落とし込めないのがこのパターンをあまり見かけない理由なんだと思います。
Posted by JIZAITOYS at 2015年01月03日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411157839
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック