久方ぶりの更新はクアッドキャストの改良についてです。

クアッドキャストについては以前の記事をご参照ください。
これももう2年以上経ってるとか時の流れの速さにおののくばかりです。
以前考えた際にはヘキサゴンを前腕に収納してしまったためにいろいろと不具合が生じていたので、今回はコンテナを上腕部に変更。
肩のつく位置を考えて六角形は90°回転。
ちょっとクセのある可動になりましたが、まあよしとします。
上腕のフタはビークル時にはパラボラ風にしてみました。そのまま前にも倒せます。
人型時に前に向けようと思うと軸を追加しないといけないですが。
少なくともプロポーションはある程度改善されたんじゃないかと。