自らの手を汚さない制作活動に夢を見て買ってしまいました、3Dプリンタ。

しかし、どうせなら積層ピッチの細かいものを、と欲をかいて手を出したのはGenkeiのatom 3Dプリンター
こちら、組み立てキットとなっております。
いきなり自ら手をかけざるを得ない上にこちら方面のノウハウがまったく無いため、細かなところでつまづきまくり、組み立てワークショップなら1日で出来るらしい出力までに数日を要しました。
しかもまだ調整に問題があるのか、出力してみた立方体の精度がかなり怪しい。
現段階ではどのパラメータを調整すれば精度を上げられるのか皆目見当もつきません。


基盤部分。えらく雑然としてますが、これで完成状態です。
冷却用のファンは固定もされずとりあえずはただ乗っけておけという仕様。
これらを収めるケースも自分で作ってみてね、というDIY精神にあふれた作りですので、真の完成までは長い道のりになりそうです。