2007年05月23日

パワーグライドの現状

情報兵です。
まだ素体のパワーグライドですが、現状の詳細をいくつかご報告。

■パワーグライドと他の玩具との比較
J04_005.jpg

J04_005-2.jpg
…まぁ大きさとかよくわからないノンスケールなトランスフォーマーたちですけど、僕と工作兵からは「ちょこっと大きいんじゃないか」と大帝にもの申す(^^;


■パワーグライドの可動範囲
J04_006.jpg
…スカート部分が開くおかげで結構大きい可動範囲となっています。


■パワーグライド飛行機形態の裏側
J04_006-2.jpg
…顔もきちんと隠れます。着陸脚はまだあたりの状態です。


■パワーグライドの変形方法
J04_007.jpg
…左がロボ形態、右が飛行機形態。胴体との連結部はこんな感じ。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、意外とシンプルな変形です。
【関連記事】
この記事へのコメント
楽しそーだなあ。
Posted by エロまさ at 2007年05月24日 12:00
今作も仰天ギミックっすね!
キャノピーの後半分が反転して胸部に収まるのもびっくりですけど、機体の外側がフレームを介して引き上げられロボ胴体の幅を増す構造はシンプルゆえ工作精度の高さが伺えます。
しかもそのギミックのために生じる胴体のパーツ同士の合わせ目がアニメ設定のロボ胴体に描かれているラインと符号するなんてファンタスティック!!濡(゚□゚;)
Posted by このは at 2007年05月24日 12:51
>エロまささん
いじるのは楽しいですよ。作るのは面倒の一言に尽きますが。

>このはさん
設定画がこう分割しろと囁いていたのでやってみました。
細いものからの幅増しとして一度使ってみたいギミックだったので満足です。
ただ、現段階でもいちおう変形はできるものの精度はまだ怪しくて今後の調整が必須です。
Posted by 大帝 at 2007年05月24日 19:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42647945
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック