2016年02月13日

細く長く

トレインボットがNゲージを意識したスケールになってるという話は耳にしますが、実際のところ同型で並べるとどんな感じなのかを見たことがなかったのでちょっとやってみました。
といっても鉄道模型の趣味はないため比較に使ったのは「トレーン Nゲージ ダイキャストスケールモデル」というミニカーです。
ついでにマシンロボからスチームロボも召喚。
train2.jpg
パーツがいろいろ欠けてるのは目をつぶってください。

train1.jpg
長さ比べ。並べてみてわかるのは列車ってホントに長いなということ。
高さはほぼ同じなのに対し、新幹線のショウキは約85%とがんばってますが、485系のセイザンは約3/4、スチームロボは半分くらいの長さです。
車両の先端を分離するスタイルにしてもなお使い切れないところに、この細長さに人型を押し込む難しさが表れていておもしろいです。
自分で考えてみても実現可能なパターンがそんなに思いつきません。
あとトレインボットは先端部分が大きく作られていて、車両のデフォルメでも大きくするのは頭なんだと当然のことに感心。
train3.jpg
人型での比較。小さくて粒が揃っている感じです。
ミニカーと並べると変形前後のムードが出てまたよし。


【関連する記事】
posted by ジザイトイズ at 01:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 玩具の感想 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 電車という物が平らな板で構成されていることを考えると、折り畳んで長さを半分にしつつ厚みを増し、裏側に隠してあったモールドを見せることで変形前後のイメージをガラッと変えるというよくあるパターンが使えそうな気もしますが……ロボット時の体型を考えると胸や背中、後は膝から下くらいしか使えなさそうですね。他には前腕のボリュームを増してゴリラ腕にするとか。
 ジザイさんの所のパワーグライドみたいな感じで胴体の幅増しも併用すれば、電車の長さを縮めつつボリュームに変換できそうな気がします。素人考えですが。
Posted by 通りすがりの物 at 2016年02月13日 09:25
>通りすがりの物さん
ボリュームを素直に使い切ると、人型の全高は車両の長さの七割くらいが妥当かなという印象です。
板材の集合として考えればVooVのようにソックリ裏がえすのもありですし、ギャラクシーフォースのデモリッシャーみたいな開いて延ばす方法(というか今回のショウキがほぼそれでした)もありますが、難しいのは先頭車両には明確に前後があるため、分離なしで左右対称を維持しようとすると分割は基本縦に行うことになるんですよね。
パワーグライドで使った幅増しは検討しているアイデアのひとつですが、あれはまんま使うと寸胴になるので一ひねり必要そうです。
Posted by JIZAITOYS at 2016年02月13日 12:54
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433745300
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック