2016年05月02日

SDスチールジョー

SDブロードキャストに収納できるスチールジョーを考えてみました。
SD_steeljaw.png

変形パターン自体はオーソドックスで、たたんでいる段階ですでに伸びをしている猫のポーズっぽい。
スイングさせて頭部を隠すたてがみのパーツの構造と胴の可動軸の作りが若干変わっているくらいです。
どちらも表からは見えないんで伝わらないと思いますが。
リールのモールドは位置が良くないので省略したものの、これがないとただの箱なんですよね。
無理をしてもつけるべきなのだろうか。

変形動画。


posted at 17:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | SD
この記事へのコメント
 リールのモールドと穴が無いとマイクロカセットテープとしては認められませんねと無茶を言ってみる。いや、ほんと無茶ですね。ごめんなさい。
Posted by 通りすがりの物 at 2016年05月05日 18:45
>通りすがりの物さん

リール穴はカセットボットの規格の一部で、穴の活かし方・かわし方も見どころの一部とは心得ているのですが、今回はモノが小さすぎて詰め込んだ可動部との干渉が避けられなかったので勘弁してください。
たてがみのスイングパーツも左右対称につけられず高さがずれてる有様です。
Posted by JIZAITOYS at 2016年05月06日 00:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437447770
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック