2016年05月17日

色づく

3Dプリンタの調子がいいうちにアイアンハイドを再出力中。
IRONHIDE160517_3.jpg
バンパー等は色わけのため別パーツ化。

赤の色が浅くて質感はイマイチですね。
ピントずれてて見づらいと思いますが、銃のパーツは何度出してもまともに出力出来ずに今もやり直し中。
IRONHIDE160517_1.jpg
パーツの歪みや精度が改善したため、ビークルモードへの変形もきっちり合います。
窓もパーツを割りたいところですが、強度的に不安もあり考え中。
割ったとしても使える手持ちの色は青くらいか?
あまりに小さかった運転席の窓は大きくしたものの、窓がパーツをまたぐ形になり一長一短。
銃は前に書いたとおり、腰後ろのパーツに固定されます。
あと、ちゃんと説明したことなかったような気がしますが、変形時に車体側面は折りたたまれて脚の中にくるため、オレンジ色のラインは見えなくなります。

IRONHIDE160517_2.jpg
変形の際に反転する手首の反対側にはリキッドシューター的なモールドをつけてます。

posted by ジザイトイズ at 14:50| Comment(2) | TrackBack(0) | アイアンハイド制作記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何年か前から楽しみに見てます。
私もいつか作りたいと思ってますが、なかなかできないです。
3Dプリンターいいですね。
完成楽しみにしてます。頑張ってください!
Posted by 玉城俊徳 at 2017年02月25日 17:27
>玉城俊徳さん
いつもご覧いただきありがとうございます。
ラチェットからデータを再転用すれば、オレンジライン入りのアイアンハイドはいつでも出力可能で、その意味では自分の中ではほぼ終わっているプロジェクトではあるんですよね。
ただ、初期構想にあったG1玩具のリスペクトモードをプロポーション変更の際にオミットしてしまっているので、それを盛り込む可能性がないでもないです。
Posted by JIZAITOYS at 2017年02月25日 22:12
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437974319
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック