2007年06月07日

パパラッチ

大帝です。
カメラでカメラを撮影するって違和感ありますね。

spyshot1.jpg

spyshot2.jpg
スパイショット6の記念撮影。
レンズ部をまんま胴体にするという大胆な構成がかっこよく見えるのがスゴい。くびれ一つないというのに何故だ。
直線の意匠に要所要所できっちり正円を配置してるのもうまいです。
SPYSHOT6のロゴがとてもFUJIFILMっぽいのはやはり狙ってるんでしょうか。いっそマークを赤にしたらもっと似たのに。

spyshot3.jpg
目の集光もいい感じ。映画関連にしては目鼻立ちは普通なんですね。

変形ギミックについては妬ましいの一言に尽きます。
レンズ部の外周をレールにして手足を移動するとか(しかも角度固定で)、思いついても技術的に個人では真似できない仕事をこうも小気味よくまとめてくるところは流石。
やりてーなーこーいうの。
posted by ジザイトイズ at 21:04| Comment(2) | 玩具の感想 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。

>集光
レーザーウェーブの瞳の輝きを思い出しました。
スパリン辺りからかなり良くなってますよね。
当時は電池も無いのに良く輝くなぁと感心しました。

ロボット頭部以外にも使えるのになぁ、とも思います。
(車両時のヘッドランプ、メーター、ジェット噴射部分etc・・・無理か)


>妬ましいの一言に尽きます。
この思いが創作意欲につながるのですねw
でも良くわかります。向うがプロでもなんか悔しいですよね。
自分はセンス0で足元以下ですが。。。


ともあれ新製品ガンガンいじって吸収しちゃってください。
Posted by ちゃー at 2007年06月07日 23:34
>ちゃーさん
集光ギミックは廉価版の光ファイバーとしてクリアパーツをうまく料理してて素直に感心します。
透明なドアを窓を残して塗るのも大した発明だと思ってるんですが、あの辺になると成形色と変わらない頑丈な塗料への素材面での別の妬ましさが涌いてきます。
ああホント妬ましい。
Posted by 大帝 at 2007年06月08日 04:40
コメントを書く
コチラをクリックしてください