2016年09月09日

キュリオシティ

自家製ストライカを火星探査車キュリオシティ風にリデコしてみました。
curiosity1.jpg

curiosity2.jpg
リデコ部分はタイヤとビークル頭部、背面です。
お世辞にもキュリオシティに似てるとは言いがたいですね。
人型形態の方はマスク部分をつるっと変更してヘルメット状に。
色と合わせて宇宙飛行士っぽく見えるようにしてみました。
可動範囲はストライカと変わらないのでとれるポーズにも差はありません。
背面部分をもっと大型化して船外活動ユニットっぽく見立てようかとも考えましたが、今回は保留。

curiosity3.jpg
ストライカと比較。
ケバいストライカからかなり落ち着いた印象になりました。
タイヤの形状が違うだけで爆乳っぽさは軽減されたんじゃないかと。
六輪で動く頭部があるビークルという共通点から選んだモチーフでしたが、できあがったものは悪くないんじゃないかと思います。

curiosity4.jpg
同じく宇宙飛行士モチーフのASIMOと。
もっとちゃんとしたASIMOがあった筈なんですが、見当たらないのでLEGOテクニック製ので代用。

posted at 17:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 開発室
この記事へのコメント
 こんなロボットが健気に惑星探査してるかと思うと、ちょっと萌えますねw
 変形前後のデザインやカラーリングもカッコ良くて好きです。本家のTFも意外なリデコで別キャラを表現してたりしますよね。
Posted by 通りすがりの物 at 2016年09月10日 10:57
>通りすがりの物さん
宇宙開発系のカラーリングは無機質で清潔感のあるところがいいですね。
最近の本家のリデコは機構流用の域なので、あそこまでやって何かの手間を減らすのに役立っているのかと不思議に思います。
Posted by JIZAITOYS at 2016年09月10日 11:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441777934
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック