2016年11月15日

ヘキサゴンスコルポス

さて本日はヘキサゴンスコルポスについての考察です。
scorpos.jpg
いつものように「なぜそれを」という点は不問でお願いします。

事の起こりはサソリではなくカニでした。
六角形がカニのハサミと甲羅っぽいのではと思いつき、それの収まる部品分割を考え始めたんです。
ところが今ひとつ頭の中のバランスに落ち着かなくて、横長にする筈が縦長に、さらに後部をのばしていくうちにカニからザリガニへと変貌。
今はザリガニをいじる気分ではなかったため、サソリモチーフに変更したものの、そうなると人型も欲しくなってくるのは致し方ないところ。
強引に入れ込むことになりましたが、今度はサソリ型と人型で都合のいい肩のボールジョイントのつけ方に苦戦しました。今回一番頭を悩ませた部分です。
いちおうの三段変形ながら、制約が大きく、どの形態も「言われればそれっぽい」域にとどまっているのが残念。

変形動画。

立体化してしまえばもう少し印象はよくなると期待したいところですがさて。

posted by ジザイトイズ at 20:38| Comment(2) | ヘキサゴン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヘキサゴンのサイズで3段変形とは……。サソリもロボも充分それらしい形に見えると思います。すごい。
Posted by 通りすがりの物 at 2016年11月16日 13:05
>通りすがりの物さん
三段変形と申しましても、元玩具のスコルポスほどのギミックを持ち込む余裕はないため、かなりの手抜き変形になりました。
サソリ型が人型への変形途中といって差し支えないレベルです。
腰の半回転がサソリとしてのアイデンティティの全てですね。
サソリを先に考えてその延長線上に人型を設定しているわけですから正しい結果ではあるのですが、若干もどかしさを覚えます。
Posted by JIZAITOYS at 2016年11月16日 14:32
コメントを書く
コチラをクリックしてください