昔のネタを思い出したように、というかまさに思い出してお送りします。

今回は五年前の続きです。