2017年01月18日

まるで竹を割ったよう2

七年前に作りかけだったを3Dプリンタにて完成させるべく、まずはデータ化から。
bambusoides.png
節などのモールド入れたらいい感じに引き締まった気がします。

これ、変形パターンはけっこう気に入っていて、かつ作っておくと「鳥居・鏡餅・門松」の正月コンボや「パンダ・竹」の動物とエサの組み合わせができて自分的には需要がありました。
もっとも自分以外の需要は疑わしいかぎり。
今回のデータ化にあたってはポリキャップの関節をネジ止めに置き換えましたが、これが少々面倒。
ポリキャップと違って、ネジでは二軸を直交させることはできないため、軸をずらすか軸を伸ばしてネジを打ちこめるだけの助走区間を設けて対処。
とはいえ、まだネジ用のスペースを確保しただけで、肝心のネジ穴はモデリングしてません。
強度的にサイズを1.25倍するかが迷いどころで、そのまま拡大してしまうとネジ穴も広がってしまうためです。
それが決まればようやく出力に回せます。

変形動画。

普段はカメラに動きはつけないんですが、変形前後のサイズ差が極端すぎたため例外的につけました。

ラベル:年中行事
posted by ジザイトイズ at 07:00| Comment(2) | 開発室 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 顔の造形や色が付いたおかげで竹の怪人みたいな雰囲気が出てキャラクター性を獲得した感じがしますね。新しく増えた膝の造形は竹モードで根元に鉈を入れて伐採するようなイメージでしょうか?
 ロボ時の前腕や膝の内側がのっぺりしているのは少し気になりますね。竹なのに中が空洞になっていない違和感というか……まあ、「竹」を厳密に再現する必要は無いと思いますし、ロボット(怪人?)のイメージ優先で良いとも思うので別に空洞にする必要も無いとは思いますが、何かモールドがあった方がいいかなと個人的には思います。
 門松モードで真ん中の竹が割れているのもちょっと気になります。手首の軸は外側に密着させるだけでも良いのでは?
 後はやっぱり門松に必要な松や梅、その他もろもろ一式でしょうか。武装パーツ、2号ロボ、強化アーマー、サポートビークル……妄想が広がります。
Posted by 通りすがりの物 at 2017年01月18日 11:20
>通りすがりの物さん
膝の処理は以前公開していたかと思ってましたが、見直したら未加工でしたね。
主目的は脚の太さが単調にならないように太ももをくびれさせることで、形状自体は結果的なものです。
モモは筍の断面のように小さい空洞を積層にするか、大きくくりぬいたところにシャフトを通すかで考えてますが、どちらにせよ3Dプリンタでうまく出せるかが怪しい。
手首の軸については外側に持ってきてしまうとズレすぎになるため、このままいくかさもなくば拳を別に用意して葉をたたむ手といったところでしょうか。
Posted by JIZAITOYS at 2017年01月18日 20:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください