2017年01月24日

まるで竹を割ったよう3

を3Dプリンタにて出力完了。
bambusoides170124_2.jpg

bambusoides170124_3.jpg
結局拡大はせず従来の全高115mmのままで出力。
全関節ネジ止めで精密ネジを33本使ってます。
左側頭部の干渉を見落としていたので分割を修正。
あわせて出力がヌルくて機能しなかった前腕のロックピンの凹凸も手作業で整形。
前回頂いたコメントを参考に腿と前腕にモールド追加しました。
門松用のオプションはそのうち。
いちおう腿に取り付け穴だけ開けてあります。

bambusoides170124_4.jpg
攻撃は竹槍キックなど刺突メインな感じで。

七年前と比較。
bambusoides170124_1.jpg
基本構造は同じですが、肩と股間の関節位置が変わった結果、スタイルは若干向上したと思います。
今回の作業で不要となった七年前の方は孫悟空←→如意棒にでも改造する予定。

タグ:年中行事
posted at 22:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 開発室
この記事へのコメント
「竹がロボットになる」というコンセプトだけ抽出すると
ネタの塊みたいなのに、めちゃくちゃカッコイイですね。
三段変形も素晴らしいです。

前回の記事のイメージCGでは顔が平面的でしたが、
実物は掘り込んだ事で立体感が出たおかげか
二の腕部分に増えたディテールも含めて、
イメージCGより格段にカッコよくなってますね!
Posted by ちくわ at 2017年01月27日 20:56
>ちくわさん
変形ギミックからデザインがほぼ必然的に決まってしまうため、特に意図したわけではないのですが、なぜか妙にカッコよくなりました。
おそらくこのギミックと竹というモチーフの親和性が高いせいじゃないでしょうか。
いっそこれを本物の竹で作ったらさらに親和性が上がるのでは、と思ったものの、そのスキルがないのが残念です。
Posted by JIZAITOYS at 2017年01月28日 02:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446273027
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック