2017年02月05日

色々の研究

手元にあるプラスチックダンボールの端材を、変形玩具の構造体に使えないものかとしばし考察。
pladan_joint3.jpg
うまくいけば軽くて大きな玩具が作れる筈。

実際に切り折りしてみてわかったのが、中途半端に小さいものを作ろうと思うとひどく扱いづらいということ。
ポリプロピレン製で接着剤ではつきにくい上に、折った角もピタリときまりません。
縦横で強度差も大きい。

pladan_joint1.jpg
そこで側面の穴に刺さるように突起をつけた部品を3Dプリンタで作成。
最初は隙間ぴったりの緑の方を作ったのですが、へたったり歪んだりした穴にはスッと入らず縁のプラがかえってよれてしまいました。
黄色は刺さりやすいように突起の先細りをきつくして再出力したもの。
ひとまずこれで変形に使えそうな強度と精度は得られそう。
固定には横からピンを刺せるようにかぶせるコの字形パーツも必要になりますが。

pladan_joint2.jpg
関節軸にはテディベアの関節を留めるジョイントを使ってみます。
もの自体は軽いので、保持力は足りるんじゃないかと。
調べてみるともっと便利そうなダンプラ用のピンもあるようでしたが、今回の主目的は抱えた余分な造形材料をいかに消化していくかなので買い足しはしない方向で。
さてこれで何を作ったものか。

posted at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 開発室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446681240
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック