2017年03月31日

Oが惜しい2

前回の「言獣覚醒ワーディアン」の続きです。
QO03.jpg
「Q/ケツァルコアトル」と「O/オービットオーディン」が合体できるよう、オービットオーディンに若干の改造を加えました。

作業としては大きく二点。
ZOQ.jpg
オービットオーディンの背面パーツに「Z/ゼウス」にあるのと同じジョイントを彫り込みます。
QO02.jpg
ケツァルコアトルを背負っても倒れないようにカカトを透明プラ板で延長。
これくらい透明なら塗らなくてもいけるか。
四角く見える黄緑はプラ板を嚙みあわせるために切り欠いた部品です。

O.jpg
オービットオーディン単体。正面からは差異はほぼ見えません。

QO01.jpg
ケツァルコアトルと合体。
OとQで文字のラインが近いので割と馴染むんじゃないかと。

QZ.jpg
ちなみにこちらが本来のゼウスとの合体。
ちゃんと頭部も噛み合うのはさすがです。

posted at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 玩具の感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448616813
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック