かつてのブームの時にはスルーしていたルービックスネークというものに初めて触れました。