2017年09月11日

チクタクしないから

先月今月と忙しすぎて間が空きましたので、とりあえずの生存報告です。
tick-tack1.jpg
壊れたチクタクバンバンのパネルが何かに使えないものかと考えて、ちょっと手をつけました。

16枚あるパネルを、2枚ずつ4面ヒンジで連結したら、ちょうどロボットのスネに足りるのではと思いつき、まずは3面分でテストしてみます。
ヒンジを3Dプリンタで作成し接着。パネルは片脚分で一本道になるように並べます。
tick-tack2.jpg
立ち上げると結構なボリューム。レールの溝がいい感じのアクセントになりそう。
シティモードでは太ももを空洞のトンネルにして、そこから出た小型ビークルが展開したパネルのレールをぐるりと回った後、ゲート状のつま先から抜けるのはどうだろうなどと妄想もしましたが、残りの部品をどうやって強度を確保しつつ作るのかを考えると、先はなかなかに長そうです。
posted by ジザイトイズ at 12:00| Comment(2) | 開発室 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地図や道路網をロボに変形させるのは手間ですが、面白い試みだと思いました。
折紙の様にパタパタ変形させるコンセプトだと、確かに強度の確保が大変そうです。
Posted by ドラッヘンリーゼ at 2017年09月28日 23:50
>ドラッヘンリーゼさん
両スネ分で材料も尽きますし全身をこの調子で行く予定はありません。ここから先は割と普通の変形玩具です。
立体をパタパタと開くコンセプト自体は割と見かけますね。最近でもレジェンズLG36 サウンドウェーブの脚とかカミワザワンダのオリガワルがそんな感じでした。広義にはVooVも入るかもしれません。
全身を、となるとロール軸を乗り越えるのが面倒なところ。
ただの板にしてしまうと紙箱の展開図と大差ないので、これから各面にいろいろと立体的なデコレーションを施していきます。
Posted by JIZAITOYS at 2017年09月29日 08:59
コメントを書く
コチラをクリックしてください