2018年12月28日

SDイジェクト&リワインド

さて本日のお題は以前作ったSDブロードキャストに収納できるイジェクト&リワインドです。
SD_eject.png
SD_rewind.png
画像だと頭部と肩幅のせいで大して変化してない印象ですが、それなりに手間のかかる変形をしています。

寸法は30mm×20mm×10mm。
これは以前作ったSDスチールジョーと同じです。

まず考えなくてはならなかったのが、どうやって頭部のボリュームを確保するかです。
幅はそのままとして、それに見合う厚みを捻出するため、下図のようにパーツの噛み合わせをずらすことで高さを厚みに変換することにしました。
SD_eject_parts.png
パーツが前後に分かれたことで、ついでに顔を反転して隠せました。
このやり方だと頭部が前に付きすぎるので、首の根元で後ろにスライドしてバランスをとります。
腕は元玩具に倣って、何か取りつけられるように袖に3mmの穴を開けておきます。
脚は最初、開いた時のままの幅でいくつもりでしたが、さすがに広すぎかとなり、外面を折りたたみました。
結果的には、膝のヒンジの丸みも緩和されて正解でした。
全体的に横から見た時のメリハリはつけられたんじゃないかと思います。

変形動画。



実はこれ、アイデア帳を見返して、いざ未処理のネタを片そうと思ったら、二年前にほぼ仕上げて忘れていたデータがあったという、モズの早贄のような話でした。
クールダウンの機会を与えられたと前向きに捉えたいところですが、本気で自分の記憶力が心配です。

ラベル:
posted by ジザイトイズ at 00:00| Comment(0) | SD | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください