2020年05月09日

ヘキサゴンエクセルスーツ試案

さて今回はヘキサゴンでヘッドマスター用エクセルスーツを作れるかの検討です。
excel_suit1.jpg
パッと見、サイズ的にはいけるんじゃないかなーと思ったんですよね。
規格をまたげれば遊びの幅もワイドになりますし。

しかし実際に採寸してみるとなかなかに厳しいことが判明。
excel_suit2.jpg
ヘッドマスターが全高約36mmに対し、ヘキサゴンは37mm。
さすがに板の厚みを0.5mmとはいかないので、底板を1mmにして、天面は開口とします。
いきなり防御力が下がりますが、やむを得ません。

ということで試作してみたのがこちら。
目論んだのがエクセルスーツのため、ビークルモード的なものも用意。
excel_suit3.jpg
といっても可動に使えるスペースがほとんどなく、これははたして変形といっていいものか。
ビークルモードの座り姿勢でも、かかとを逃してもやはり高さがカツカツで、天面のハッチを開いて対応。風通しはいいですね。
曖昧にしていた腕まわりに若干の隙間があるものの、ディテールアップに使えるくらいでギミックを仕込めるほどではなさそう。
結論としては総じて微妙。無理して推し進めるほどのもではないかな。

思わぬ収穫は、天面の開口部にポンと載せてみた頭部が割とよさげに見えること。
excel_suit4.jpg
今はただの穴なのでロックなどしてませんが、ヘキサゴンにこだわらなければ、小型のSDボディはアリなのでは?
こちらは要検討としておきます。

posted by ジザイトイズ at 12:24| Comment(2) | ヘキサゴン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ペンギンみたいでカワイイと思いました(小学生並の感想)

本家の方は同じサイズのヘッドマスターを使ってDX・ボイジャー・リーダーと色々出していましたが、DXより小さいサイズでデフォルメ体型にするというのは確かに面白そうですね。
タイタンマスタークラスに付属するビークルを触っていた時、これが小ロボになってヘッドオン出来たら楽しいだろうなと考えたのを思い出しました。
Posted by 通りすがりの物 at 2020年05月09日 13:33
>通りすがりの物さん
ボディ(トランステクター)が小さければ、ダブルヘッドオンならぬ、ボディ側の多重合体も考えられそうですし、これを乗り手としたバイク型のトランステクターにも発展できそうではあります。
Posted by JIZAITOYS at 2020年05月09日 17:50
コメントを書く
コチラをクリックしてください