2007年08月22日

時間差攻撃

大帝です。
携帯電話のおかげで腕時計なんてしなくなって久しいですが。

meantime1.jpg
MD-16 ミーンタイム。
大人の手首にはちょっときついです。

ボタンが頭のデザインに取り込まれてるのもおもしろいです。
これが針時計なら頭頂部は竜頭だったってことでしょうか。

meantime2.jpg
変形の関係でPS2のロゴのごとく文字盤は90°回転。
デジタル時計なのに背面には歯車という謎のムーブメント採用。
技術的にはこれの方が高度な気がします。
ふつうにオーパーツですね。

meantime3.jpg
ロボット時にはやけに広い接地面で、空気椅子にも何時間だろうが耐えられます。
でも股間がゆるめで片足立ちは苦手でした。

左手首に腕時計をつけてるのはフラクタルというか、スポーツレーベル的というか。まさかこれで時間を見てるんですか?
posted by ジザイトイズ at 09:20| Comment(5) | TrackBack(0) | 玩具の感想 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リアルギアは大体おおきさ的に3~4歳くらいがちょうどいいみたいですよ
4歳の甥につけたらぴったりでした
Posted by at 2007年08月22日 21:47
Very cool.
Posted by at 2007年08月28日 09:11
>どなたか
実体験談をありがとうございます。
まあわかってはいましたが大人の手首につけようとする方が大人げないんですけどね。
Posted by 大帝 at 2007年08月29日 19:12
野暮なことを書きますが、アマゾンの写真では、カカト部分がつま先方向に折れ曲がっていました。いや、おそらくわかってやってらっしゃるとは思うのですが^^;
Posted by 通りすがり at 2007年08月31日 22:20
>通りすがりさん
たしかにパッケージの写真でもそうなってますが、説明書の工程ではカカトを後ろ側に折るように書かれてますし、そうでないとこの関節の存在理由がありません。
よくあるオフィシャルの変形間違いだと思います。
Posted by 大帝 at 2007年09月01日 08:56
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52286597
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック