2008年03月26日

乗員確保

大帝です。
アイアンハイドに乗せるためサイズの合う人形を作ってみました。

ironhide080326_1.jpg
ダイアクロンはないので見知らぬ人形(トミカですか?)と比較。

ironhide080326_2.jpg
このチェリーバネットのスケールが不明ですが、おおよそ1/40と見積もって42mmのフィギュアにします。
頭部を6mmとした際に7頭身で計算しやすいので便利です。余計なことに頭を使いたくないし。
頭頂から股下まではちょうど半分の3.5頭身を目安にして21mm、アゴ下からは15mmの勘定になります。
可動軸は手持ちにあった人形を参考にしてみました。

ironhide080326_3.jpg
車のシートに人間が座るときは沈み込むような感じになるので、腰にもうひとつ関節をつけました。
しかしかなり華奢に作ったつもりですが、ヒョロくても足が長くて運転席に収めきれず。きちんと座らせるためには太ももを少し詰めた上で尻の下の座面を削る必要がありそうです。
はたしてそれでも乗せられるかどうか。
この記事へのコメント
なるほど・・・・これがヘッドマスターアイアンハイド(頭から肩部分)になわけだ・・・・
頭ないはずだわな(ぇ
Posted by ななし at 2008年03月26日 19:31
>ななしさん
なんですかその素敵な勘違いは。
そっちの方がおもしろいじゃないですか。
たしかに制作中「これがアイアンハイドだったらどうだろうか」という考えはよぎりましたが、そこまでは思い至りませんでした。
しかし、足りないのが頭のみならず肩までとなると、運転手一人では荷が重い気がします。
玩具の運転席はダイアクロンサイズしかないというのに。
あと肩の話をされて気づきましたがアニメ版の肩がグレーなのも背中や胴体と同じく玩具版の「空間」を具現化したせいなんですね。
バックベアードが「空間のひび割れから覗く目」を形にしたものだという話をどこかで見ましたがそれと同じSFマインドを感じます。
Posted by 大帝 at 2008年03月26日 22:39
はじめまして。
いつも楽しく見せて頂いています。
僕も見た瞬間「ヘッドマスター?」と思ったクチですね・・
ジザイトイズさんのバイナルテックハウンドヘッドマスターズの出来は最高でした!
完成を楽しみにしています。

現在、こんな企画が。
「折り紙をトランスフォームせよ!」
http://spbb.jp/campaign/jto/index.asp?form_flg=2&form_type_flg=2
折り紙でトランスフォーマーを作ってはみたものの、やっぱり折り紙だとちょっと厳しい。
折り紙とトランスフォーマー、かなり通じるところがあると思うんですけどね・・

話が脱線して申し訳ありません。
Posted by hentaikami at 2008年03月27日 00:58
>hentaikamiさん
そんなイベントをやっていたとは。
でも折り紙ってちょっと自由度が高すぎて逆に考えにくいです。
個人的には「これしか動かないのにこんな変化を」のような制約の多めの思考法の方が好みなので。
Posted by 大帝 at 2008年03月29日 10:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91072198
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック