2008年03月31日

二正面作戦

大帝です。
数日留守にして止まっていた作業を再開しました。

ironhide080331_1.jpg
アイアンハイドと運転手の同時進行です。

ironhide080331_2.jpg
アイアンハイドは肩および上腕を取りつけ。
ぼんやり作業していたらポリキャップを埋め込む側や肩軸の位置を間違ってその修正で時間ロス。
上腕の長さが確定したのでようやく背板も切断できます。
その先の前腕にはなかなか厄介な部分が集中していて気が進まない。

ironhide080331_3.jpg
運転手は前記事のコメントでヘッドマスターかと期待されたのでなるべく構造を活かす方向でそのように修正してみました。ついでに身長を3mm強圧縮で現在4cm。
自作中のアイアンハイド用ではなく玩具用の予定ですが、どうやって基部を設置するかなどは未定。
スタイルは人型も頭状態もアイアンハイドにしたいものの、ヘッドマスターで球形頭部ってどうしたもんだか。
尻にもう少し肉を盛れば頭頂部は丸められるとしても、とにかく腕が邪魔。さて。
posted by ジザイトイズ at 13:33| Comment(2) | アイアンハイド制作記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
運転手いっその事コレも頭と肩無しで(以下無限ループ)
とまぁ冗談はさておき、腕を前習えで邪魔にならない・・・ってのは浅はかなんでしょうか・・・・
Posted by ななし at 2008年03月31日 19:26
>ななしさん
ヘッドマスターズのフラクタル的拡張は夢見ますが、あくまで首を接続ピンにしていくと、核になっているロボの首に全応力が集中するのが怖いです。という話はさておき、現状では胴の幅がスネの幅より狭いので腕があたってしまい前ならえという選択肢がありません。
幅よりはむしろ高さの方が欲しいです。
ここまで書いているうちに、いっそ前腕を胴体側に折り曲げて頭頂部のラインを作るのに使えばいい気がしてきました。
Posted by 大帝 at 2008年03月31日 20:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください