2008年07月16日

Nigalya Ponya(ニガリヤ)暫定版

大帝です。
ここのところなんだか完成させられないどころか完成させてはいけないんじゃないかという妙な気分に襲われてます。
おかげで制作途中のものばかりが続々と。

■Nigalya Ponya(ニガリヤ)
nigalyaponya2.jpgnigalyaponya3.jpg
2008年制作。ジャイアントパンダ。
作りかけですが色がないとパンダと認知できないのでマジックでざっくりと。テカりは最終的につや消しの予定。
パンダ形態のため肩幅を詰めたいのに胴が太いというジレンマで脇がしまりません。

nigalyaponya4.jpg
ハピネットの動物大百科のパンダと。
カバなんかに較べると造形が記号的でぬるいですが、パンダというキャラクター性のおかげかさほど気にはなりません。

■制作にあたって
うちでは変形玩具を自作しているものの、楽しいのは考えたものが形になる点であって、形にする作業自体はめんどくさいというのが本音です。
最近ではそれが輪をかけてひどくなったのでなんとか少しでも部品を減らせる変形はないかと考えることが多くなりました。
当然構造は単純になりますが、「さっくり作れてさっくり遊べる」というコンセプトは複雑かつタイトな変形に疲れ気味な自分にはかなり魅力的に見えます。

そこで今回のパンダ。
人型での可動部位は最低限として手首・足首・腰は表情づけと接地を割り切れば省略可能。肘・膝・肩・首は必須ですが、太ももはスカートの扱いなら両足でひとかたまりに出来ます。
これで部品は頭・胴体・上腕×2・前腕および手首×2・太もも・スネおよび足首×2の計9ブロックです。
ポリキャップを組み込むパーツはネジ止めの場合割る必要がありますが、一点ものなら気にしなくていい要素です。

次に変形に必要な可動軸をなるべくポージング用と共有する方向で調整します。これはいつも通り。
四肢を四肢に対応させ、胴にしまった頭を入れ替える四つ足でのストロングスタイルを今回も踏襲します。
パンダの場合、頭が大きいので人型の頭にパンダのものをかぶせる形に。丸っこい頭に継ぎ目があるとかわいさが損なわれますがまあよし。
頭を持ってきた分減る胴体のボリュームは太ももに割りふり、スネ下がパンダの前脚に確定しました。
残った人型の腕をパンダの後肢にする必要があるのですが、ここが今回の悩みどころ。
腕の長さだけでは後肢には届かないので、考えられるのはふた通り。
(1)肩関節を前腕で足りる位置まで後ろに移動する。
(2)前腕を延長する。
1案(部品レイアウトはインドゾウとほぼ同じ)の方が人型のプロポーションを維持できる可能性があるものの、ギミックが首周辺に集中するのが好ましくないので2案で。
長くなる腕は変形の都合で延長部分の内ぐりをえぐったこともあり、重い感じはないので袖と解釈します。
あとはパンダの時にくぼんでしまう背中と尻尾を後ろ髪の部品でフタしてシルエット決定です。

追加した部品を合わせてもブロック数は13で変形はとても簡単。
脚をのばしてパンダの頭を胸にたためば変形完了です。変形にしか使わない可動軸はパンダの頭のみ。
単純すぎてすぐに見立ての魔法が解けるのが難点ですが、それも味ってことで。

■イメージイラスト
nigalyaponya.jpg

posted by ジザイトイズ at 15:04
"Nigalya Ponya(ニガリヤ)暫定版"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。