2008年08月06日

男の料理

大帝です。

本日は少々乱暴な調理法をご紹介。
cooking1.jpg
材料は何かの缶詰とピンバイス。

cooking2.jpg
まず缶詰のフタを開け、よく水洗いした後、3mm径ピンバイスで穴を開けます。

cooking3.jpg
次に開けた穴に3mmに合わせたい軸をねじ込みます。
穴の縁がカンナの刃の役割を果たし、レジン程度なら削り落とせます。
今ねじ込んでいるのはウィーリーの肩部品。
バリを削ればポリキャップははまるものの、部品自体の軸がもともとやや太めにできているため、長い目で見ると余計なテンションがかかりポリキャップが裂ける原因になります。
丁寧に軸をヤスって径を整えるのが理想ですが、面倒な方はこうやってごそっと削ってしまえば楽かと思います。

cooking4.jpg
後はささくれた軸をヤスリで整えて終了。
残った缶詰の中身の方はご自由にお使いください。
posted by ジザイトイズ at 16:12
"男の料理"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。