2013年05月31日

ディスクボットスクラウンジ

本日のお題はディスクボットスクラウンジ。

画像はクリックすると動きます。また、←→キーでコマ送りできます。

いくつかの掲示版でこのネタに触れているのを見かけて、とりあえず一発変形できるかは別として、一発変形できそうな部品配置を考えてみました。
しかしデータディスク型はヘキサゴンと較べてパーツ数はそう変わらないのに擦り合わせが段違いに面倒ですね。自分で工作はしたくないレベルです。
円がまるっと裏返るこの変形パターンだとディスク形態の片面をツライチにするというレギュレーションには無理が出て、縁が少し刃こぼれした感じに。
犠牲を払った甲斐あってロボットのプロポーションは概ね満足。肩と胸板がそれっぽく収まりました。
ややずんぐりとした下半身もモモからスネのS字ラインは綺麗に出たんじゃないかと思います。
一発変形については、バネを仕込むとするとロックは膝につけるのが順当なんですが、そうするとロック解除のボタンをディスクの中心につけるのが難しいんですよね。ちょうどその辺り何も無くって。

イメージスケッチ。さすがに元イメージのスリムさには落とし込めませんでした。
scrounge.jpg

posted by ジザイトイズ at 05:07
"ディスクボットスクラウンジ"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。