2013年06月29日

あわせて一つ

いくつか手をつけているものはあるものの、どれも微妙にモヤっているので思いついたことだけメモ。

参乗合体を見て、どうすれば異形感の薄い合体ロボを作れるだろうかと考えて、まずは適正な想定サイズというものを出してみることにします。
単体ロボの大きさを1とすると体積はその三乗で1、それが三体分で3、その三乗根を計算すれば三体合体ならおよそ単体の約1.44倍が目安。
五体合体だと1.7倍、八体合体でようやく身長は2倍。

で、三体合体を同じプロポーションバランスで並べてみるとおおむねこんな感じ。
proportion_guide.jpg
12cmくらいのロボが三体合体しても17cmちょい、平面上では大きくなったという印象は薄いですね。
脚は左右を繋ごうと思えば、股関節以下で一体になるのが必定のため、どうしても三等分より大きめに。関節を活かしつつ小ロボから大ロボの脚の長さをとるには首の付け根から二つに割るしかなく、基本構造は参乗合体のあれが至極妥当ということになります。
ただ、ぱっと見で小ロボの胴体は大ロボの太腿に近いボリュームに見えますから、腕パーツは腰より上に残すのではなく脚とあわせて大ロボのスネ下を形成した方がよさげ。
となると小ロボの腰パーツ辺りに腕を下半身に折り返すためのジョイントをつけることになり、残りのパーツ構成もそれを基本線に。
大ロボの腕にほぼ等しいサイズの小ロボの脚はそこに収まるものとして、大ロボの肩のボリューム形成には小ロボの腕が使えますから、残りの胴体で肩を繋ぐ部分を。ここの繋ぎ方が考えどころで大ロボ頭部を赤と黄どっち持ちにするかで分割が大きく変わります。
図のように積むか、胴体左右を赤がV字に形成し、黄色が構成する頭と胴を挟み込む形にするかですね。
単体でのビークルモードはこれだけ関節があればどうとでもなりそうな気がするので、もう少し構造を検討することにしてまたいずれ。

posted by ジザイトイズ at 12:52
"あわせて一つ"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。