2016年03月18日

ヘキサゴンランブル&フレンジー2

三年近く前に検討したヘキサゴンランブル&フレンジーを3Dプリンタにて出力してみました。
frenzy4.png
単色で出力すると食玩ぽい。
色は赤いですがどちら、ということはないです。
frenzy3.jpg
frenzy1.jpg
frenzy2.jpg
構造はきっちり考慮されていなかった関節部を除いておおむね以前公開していた通りです。
出力して初めて足首のデザインの失敗に気づきました。
内側に向かってかかとが短くなっていく構造はいわゆる「かかとがない」タイプと同じで非常にコケやすいです。むしろ片足でしっかり立てた方が安定する。
肩ははめ込み式の軸関節に。考えた当時はこの構造を自宅で作れるとは思ってもみませんでしたが、技術の進歩は怖ろしい。
というかもうあれから三年近く経ってしまったのかという事実もけっこう怖ろしいです。
股関節はボールジョイントを入れたら収まりきらなかったため、周辺部品を若干ずらしました。
ボールは直径4mm、軸3mm、受けは7mm角としましたが、うちの3Dプリンタでは強度的にこのサイズが小ささの限界ぽいですね。
ボールの歪みをなるべく抑えようと軸が垂直になる向きで出力したのですが、このやり方だと積層が横に入るため折れやすいのが難点。現に折りました。足首についてる1mm厚の板も破損。やはり小さいものは積層方向で強度差が出てしまいます。
強度だけを考えるなら横に倒して出力した方がいいのかもしれません。

frenzy7.jpg
frenzy5.jpg
frenzy6.jpg
あと、立体化したなら撮るべき写真を忘れてました。
ヘキサゴンはキラーコンドルの寸法に合わせているのでもちろんGFサウンドウェーブに収まります。

posted by ジザイトイズ at 11:31
"ヘキサゴンランブル&フレンジー2"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。