2017年04月18日

丸三角六角

想造ガレリア ロボット兵(Full Action Ver.)の腕を見て思いついた構造があり、テストピースを作ってみました。
bander1.jpg
テストは腕だけでよかったんですが、わかりにくいので体もつけておきます。

想造ガレリアのロボット兵の腕は腕時計の金属ベルトの構造を取り込んだとのことですが、これだと一方向に曲がるだけで劇中のようにうねった印象になりません。
そこでどういう構造であればそう見えるのだろうかと考えて、可動軸を交互に傾けてみることにしました
bander3.jpg
その結果、片腕につき24枚の正三角形の切片をつないだ帯状の腕が完成。
2枚ごとに同じ向きに曲げることで螺旋状に折りたため、見かけ上太い腕にもできます。
これだと同じ一軸の連続でもかなりの自由度があり「大雪山おろし」チックな演出も可能。
ただ工作精度がモロにものを言うため、適度な渋みを出すのが難しい。
最初に組んだ左腕は最初からプラプラです。

bander2.jpg
ロボット兵よろしく構造を腕と揃えると、自立困難になるのが目に見えた足は普通の関節構造にしました。
が、せっかくなのでたたんで胴体に巻きつけると円形になるギミックもテスト。
いろいろとなんだかわからない形になります。

単体では扱いに困りそうですが、アクセント的には使えそうな気もする。
ただ組み立てはべらぼうにめんどくさい。
今回の感想はそんなところです。

posted by ジザイトイズ at 21:07
"丸三角六角"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。