2017年05月02日

タイヤの幅

リベンジオプティマスプライムの試作にあったタイヤの幅詰めギミックについて検討してみました。
wide_tire.jpg

wide_tire2.jpg
部品数を増やせば、七夕飾りの提灯のようなやり方もありますが、なるべくシンプルな構成かつ、広げても縮めても直径が変わらないように。
ということで車輪の合わせ目をジグザクにして、広げた時は山と山を、縮めた時は山と谷を噛み合わせるようにしました。
噛み合わせは二重になってて、内と外で山と谷を入れ替えて隙間を減らしてます。
噛み合わせの形を工夫すれば、もうちょっとトレッドパターンぽくできるんじゃないでしょうか。
サンプルは直径20mm、幅10mmのタイヤが幅7mm(タイヤ部分は6mm)になります。
この手のものって考えてる時はもっと薄くなりそうなイメージなのに、実際作ってみるとロックに必要な厚みがあって、思ったほど縮みません。

変形動画。

30°ひねることで山と山が噛み合ってロックされます。

出力してみると、幅を縮める分にはいいのですが、引き出す時にパーツにつまめるところがなく、車輪として取りつけるには扱いが難しいですね。

posted by ジザイトイズ at 21:44
"タイヤの幅"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。