2007年09月26日

人間椅子の座り心地

前回更新の人間椅子が現状あまりバランス良好とはいえないのでどこをいじればよくなるかを少し検討してみます。

chairman5.jpg
とりあえず椅子としてのポジショニングの調整から。
平行に閉じていた脚を開いて前脚(膝)を肩幅と揃えてみます。
前方に突き出していた肘は奥に引っ込めて手で背板をつかむような配置に。
これだけでだいぶまとまった感じがします。

ただ、椅子としては肘掛けの位置が高すぎるので肘関節の位置を上にずらした方がよさげ。5mmはずらしたいところですが、あんまりおかしな位置に関節はつけたくないのでどうしたものか。
開いたおかげでがら空きになった前面を覆うのには胸部分に可動式の前掛けをつければ装飾も増えて一石二鳥になりそう。
また腿にあたるので控えめにしていた胸のボリュームも開いた脚の間に収まって増量可能になります。

chairman4.jpg
以上の点を踏まえて考えると目ざすディテールはおよそこんな感じかと。
さてどの程度詰めていけるやら。

posted by ジザイトイズ at 07:06
"人間椅子の座り心地"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。