2007年12月01日

あけたりしめたり

大帝です。
今回は変形ではない見立ての話をひとつ。

elevator1.gif
エレベータの「ひらく」と「しまる」のボタンなんですが、あれまごつかずに押せる人ってどれくらいいるんでしょうか。

このボタンに用があるのはとっさの時だと思いますが、その肝心の「とっさ」にボタンのアイコンが適していません。
はっきり書くなら機能とデザインが逆転して見えます。
たいていの人はあのボタンを「エレベータの扉」と見立ててしまうのでパッと見には記号としての矢印ではなく矢印の黒とそのすき間の白の作る形を先に捉えてしまいます。
この場合「黒=扉」「白=空間」という見立てが働き、その結果「すき間が狭い=しまる」「すき間が広い=ひらく」という本来とは逆のダブルミーニングになってまごつきの原因になるものと思われます。
標準規格なのか知りませんがこのレベルのアイコンを全国的に普及させてしまったのは大失敗でしょう。
そこで一番の問題点である「図と地」の逆転を再度ひっくり返して下のようなアイコンを考えてみました。

elevator2.gif
バランスはともかく脳内の無用な混乱を防げると思うのですが、皆様どのようにお考えでしょうか。
posted by ジザイトイズ at 21:42
"あけたりしめたり"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。