2008年02月24日

WF終了…パワーグライド離陸せず

大帝です。
三回目のWFは大雪のためついに会場にたどりつくことなく終了してしまいました。
そのため以下の舞台は足止めを喰らった新千歳空港に終始しています。もはやWFとも変形とも関係ありませんが情報兵がリアルタイムに更新していた記事の補足的な愚痴としてご覧下さい。

power_tower.jpg
写真は日の目を見ることのなかった無念塔。

前日に新千歳空港に着くなり、荷物の持ち手がちぎれたのがケチのつきはじめ。代わりになりそうなバッグを\1,000-で買い求めたのですが、北海道クオリティ全開のデザインは「無地の方が100万倍美しい」と言い切れる代物。北海道の空の玄関口でこれを売られるとホントに恥ずかしい。
bag.jpg

で、カウンターに行くと予定の飛行機は欠航。週末の天気が荒れるというニュースは見ていたものの、飛行機もJRも完全に止まって身動きがとれなくなるとは思ってもみませんでした。空港でのお泊まりも初めてです。
飛行機は天候を見ればまあ納得ですが、JRは対応のまずさもあいまって無駄な混乱に拍車をかけます。
「二つ前の駅まで来ていますのでもうしばらくお待ち下さい」と言いつつ実際に来るのは4時間後とかもう少し正確な見通しの立て方はないんでしょうか。下手に期待を抱かせるだけにいら立ちがつのります。それでもぶち切れて暴れ出す人がいないところが平和でいいですね日本は。

空港で一夜を明かすのがやむなしとなった頃、どこからか配られた空弁は特にアナウンスも無く端の方で気づいた人だけが受け取れる感じでどうも組織だった動きには見えません。善意には素直に感謝すべきでしょうがなにか釈然としない感じ。

そして当日午前中の便の欠航が決まり、不戦敗確定。
空席待ちも翌日どころか翌々日まで塞がっている状況では手のうちようがありません。
あとはチケットの払い戻しとか、WF実行委員会への連絡などの敗戦処理をしつつ、家路への列車が復旧するのを待ちました。
少しは軽くなる筈だった荷物の重さがこたえます。これがジザイトイズにとっての今回のWFでした。

準備にそれなりの時間と手間も割いていたので、なかなかショックは大きいです。
義務付けられていた完成見本と商品サンプルの本日提出もできなかったわけですが、マニュアルを見返しても公共交通機関のマヒへの考慮については触れられていないため、もしペナルティを課せられると次回のWFでも販売できなくなる不安もよぎります。
そうでなくてもコピーライトの「2007 TOMY」の刻印のおかげで今回抜いた分はもう売れない公算が高いです。

北海道・東北のディーラーで参加できなかった方はどれくらいいたのでしょうか。こういう目に遭うと「もう冬のイベントには参加できない」という気持ちになります。
さもなくば当日版権ではない、企業との直接交渉か、とも考えますがそんなことが可能なのかどうか。

とひたすら愚痴になりましたが最後におわびとお礼を。
事前に来場予告コメントをいただいたり、ブースまで足を運んでくださった方には申し訳なく思っています。本当にありがとうございました。
なんとか地方参加のハンデを克服していきたいと考えていますので今後ともよろしくお願いします。
posted by ジザイトイズ at 22:26
"WF終了…パワーグライド離陸せず"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。