2018年11月01日

ビートルビー

SS-16バンブルビー、なかなかいいですね。
beetlebee5.jpg
主にカセットロン的な意味で。

beetlebee2.jpg
マスターピースのランボルとサンストリーカーなんかもそうですが、
ほぼ同一の規格のものが異なるプロセスで違う形に変わるのは実に楽しいです。
もっといろんなものが同一サイズのビートルになればいいのに。

beetlebee1.jpg
beetlebee3.jpg
モールドも精密感があっていいのですが、
各部の銀モールが塗られてないのが残念なので少々塗り足してます。
もともと銀だったところは銀モールが目立つように焼鉄色に。
塗料をシャバシャバにしすぎて右肩にクラック入れてしまいましたが。

変形はあちこちで言われてるように若干煩わしいところも。
ルーフの畳み込みはなぜにここまでギリギリなのか。
ビークルにするのに腿のピンが外れないように横からドアを押えたまま、
ボンネットと胸パーツをぎゅっと上下から挟んで形を整える感じは
寿司でも握ってる気分です。
パッケージ裏のCGみたいにフロントガラスとボンネットの段差が
ツライチになれば、他もきっちり嵌りそうにも見える。

あと、ビークルモードだとおおよそ1/35くらいだったので
タミヤの歩兵でも添えようかと思いましたが、
手持ちにほどよいポーズのがおらずプラ材にて人体錬成中。

beetlebee4.jpg
ロボットモードでの対比はバンブルビーが大きすぎか。

beetlebee7.jpg
うまくしゃがめないと微笑ましい交流というよりカツアゲっぽい。

posted by ジザイトイズ at 20:59| Comment(0) | 玩具の感想 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください