2019年06月21日

SDシースプレー

さて本日のお題はSDシースプレーです。
SD_seaspray2.png
シースプレーではやってみたかったことが二点ありまして、どちらもホバークラフトのスカート部の処理に関してになります。

まず一点目。
円柱状の腕につられるとホバーのスカート部に幅が出すぎてゴムボートみたいな印象になるのが個人的に気に入らなかったので、断面が半円に収まるように上腕は胴体側に引き込んで、前腕は縦に開いて密着させます。
指も親指とその他で干渉しないように噛み合わせました。物を持つには向いてない構造になりましたが。
ロボットの後頭部もスカートに利用。幅を広げて出来る隙間は頭頂部からパーツを回してきて埋めます。

二点目はロボットモードでの扁平足です。
アニメの設定画ではスカート部の厚みが半分のベタッと平らな靴底ですが、今までこれを拾ってる玩具はなかったように思います。
といっても下半分を逃がすスペースがそうあるわけでもないので、素直に後ろへ開きました。
しかしこのやり方だと、前後の形状が対称になってしまい、後ろ姿がイマイチ。
開くパーツの前後幅が狭ければ、かかとは別に用意できそうではあります。
せっかくの扁平足が接地するように足首に横可動を入れてみたものの、位置が悪いのか、あまりかっこよくない。
理想としては青と黄色の境目で曲げたいところですが、他につけられるスペースもないんですよね。
ちなみに横可動させなければこんな見た目。
SD_seaspray.png

SD体型にしても関節数がそのままなら部品数がちっとも減らなくて、考える側としてはお手軽さは薄いなあ。

プロペラは胴ではなく、頭の側に接続してみました。頭部可動への干渉を考えるといっそこの方が潔い。
よそで見ない構造としては腹周りのパーツはビークルでは脚のフタになります。
これにより、設定画のスネにあった丸モールドがビークルで消えるのを再現できます。
ビークルモードで代わりとなるでっぱりは顔の裏についてます。

ロボットのSD具合に較べて、ホバークラフトのデフォルメが足りないのがあれですが、構造的にはやりたかったことをいろいろ試せたので割と満足です。

変形動画。


posted by ジザイトイズ at 00:00| Comment(0) | SD | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください