2020年01月09日

おまわりさんどっちです?

久方ぶりにバイナルテック BT-15 プロールなぞいじってみて、あらためて思うこと。
BT_prowl1.jpg

当時からキャラクターと変形パターンのミスマッチが言われてましたが、せめて膝下の前後が逆の方が印象が近づくんじゃないかと。
BT_prowl2.jpg
膝裏のパーツがなぜか膝関節より高い位置にあるため、ほとんど可動域もないですし。

ということで、両膝下を入れ替えてみました。
BT_prowl3.jpg
この向きにすると膝関節もキレイに曲がるようになり、一見、最初から両面使うことが前提であるかのよう。
検索かけてみると同じことをしている人が見つかります。
が、このままビークルに戻すと、膝の出っ張りが収納時に干渉し、フタが若干浮くんですよね。
前後が入れ替わる腰と股関節の正中もズレてるんで、両面仕様は考慮されてない模様。
また、正面からは太ももの短さがより際立つことにもなります。
謎なのが、脚部の折りたたみ軸の位置。
スペースには余裕があるので、軸をもう少し上(ビークルだと後ろ)にずらせば太ももを1.5cmくらいは延長でき、更にはこの軸自体を膝関節にできたと思うんですよね。
サイズ差が出るのを嫌がったという感じでもなさそう。
ただ、軸自体はガワと一体のダイキャストパーツなので改造でずらすのは困難。
そこで、軸位置をスライドできる太ももを新造しました。一緒にスライドしてしまう膝の位置はできるかぎり下げます。
BT_prowl5.jpg
これで7mmほどは太ももを延ばせます。

その結果がこちら。
BT_prowl6.jpg
警棒もギリギリ干渉しません。

かなりがんばれば片膝立ちも可能になりました。
BT_prowl7.jpg

posted by ジザイトイズ at 00:00| Comment(0) | 玩具の感想 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください